女性雑誌『VERY』にみる幸福な専業主婦像 The Image of the 'Happy' Housewife as Portrayed in the Women's Magazine Very

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1998年版『厚生白書』で紹介された「新・専業主婦志向」は、「男は仕事と家事、女は家事と趣味(的仕事)」という新たな性別役割分業意識に基づいた20、30代の女性を中心とした専業主婦志向である。パートタイマーとして補助的労働に従事したり、いわゆるキャリアウーマンとして男性に伍して働きながら、家庭と仕事を両立させるくらいなら、経済力のある男性と結婚し、専業主婦として、経済的、時間的に余裕のある生活を送りたいという若い女性たちの選択肢の一つとしての専業主婦願望が、この調査結果から読み取れる。本論では、女性雑誌『VERY』を資料に用いて、女性の生き方の選択肢が曲がりなりにも多様化する中で浮かび上がってきた若い女性たちの専業主婦志向が、どのように描かれているかを明らかにしていく。家庭の経済的基盤を夫に支えてもらい、ランチやお稽古事を満喫する『VERY』に登場する幸福な専業主婦たちの姿は、「新・専業主婦志向」を見事なまでに体現している。

The Ministry of Health and Welfare's 1998 white paper reported on a new definition of gender roles and of the fulltime housewife, prevalent among young women in their twenties and thirties, that is epitomized in the expression, "A man works fulltime and does housework. A woman does housework and pursues hobbies (or hobby-based work)." Here we see a preference among young women to marry a man of means and to live as a fulltime housewife with both economic freedom and leisure time. This paper uses the women's magazine VERY as reference material to examine the diversifying lifestyle choices among young women in Japan today, particularly their preference for becoming a fulltime housewife -supported by a hardworking husband- who enjoys eating out with her friends at exclusive gourmet shops and is keen on leisurely hobbies. This is the image of a new kind of fulltime housewife.

収録刊行物

  • 国立女性教育会館研究紀要   [巻号一覧]

    国立女性教育会館研究紀要 8, 61-70, 2004-08  [この号の目次]

    独立行政法人国立女性教育会館

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110000970545
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11591979
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • NDL 記事登録ID
    7397737
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL 請求記号
    Z6-C14
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ