アルミニウム合金押出し形材の寸法精度向上に関する研究 Dimension Accuracy of Extruded Profile on Aluminum Alloy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松岡 信一 MATSUOKA Shin-ichi
    • 富山県立大学工学部機械システムエ学科 Department of Mechanical Systems Engineering, Faculty of Engineering TOYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY
    • 針山 典篤 HARIYAMA Noriatsu
    • 富山県立大学工学部機械システムエ学科 Department of Mechanical Systems Engineering, Faculty of Engineering TOYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY

抄録

アルミニウム合金の押出し形材の寸法精度向上を目指し,ラムストローク進行に伴うダイス出口の流速変化とそのメカニズムを調査した.その結果,押出し初期および終期においてダイス出口の流速に変化が認められ,その変化は,コンテナ内におけるメタルフローの変化によって発生することがわかった.また,ダイスとコンテナの間にリングを装着することでラムストローク進行に伴うダイス出口の流速変化を軽減できることがわかった.さらに,この押出し方法を用いることによって押出し初期から終期にかけて押出し形材の断面寸法の変化の軽減から,寸法精度が向上した.

For the purpose of the dimension accuracy improvement of extruded profiles on aluminum alloy, a change in flow velocity at the die exit caused by the progress of ram stroke was investigated. And the mechanisms were researched. As the result, the changes in flow velocity, which were caused by the changes in metal flow, were recognized at the initial stage and the end stage. These changes were reduced by setting a ring between the die and the container. And this extrusion method could improve the dimension accuracy of extruded profiles.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 13, 39-45, 2003-03-31

    富山県立大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 押出し

    押出し加工分科会

    塑性と加工 = JOURNAL OF THE JAPAN SOCIETY FOR TECHNOLOGY OF PLASTICITY 45(523), 607-611, 2004-08-25

    参考文献144件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001057931
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6595278
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ