プラズマを応用した高速・無残留酸化エチレンガス滅菌法 Application of Plasma to High-Speed Ethylene-Oxide Gas Sterilization without Toxic Residuals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

多相交流放電プラズマを応用し,医療や食品分野などの殺菌・滅菌処理に利用できる高速で有害残留物の無い酸化エチレンガス滅菌法を研究開発した。滅菌過程は連続する3つの処理より成る。第1番目の過程において,減圧下のプラズマにより被滅菌物表面を清浄化し,被滅菌物表面における化学的反応性を著しく高める。引き続く第2番目の過程において,低濃度の酸化エチレンガスを短時間充填し滅菌処理を行う。最後の第3番目の過程において,滅庄下のプラズマにより残留する酸化エチレンを解離し,無害な水や二酸化炭素に分解する。従来の酸化エチレンガス滅菌法に比べ,ガス使用量が1/50以下で,且つ,無残留処理時間を含めた全滅菌時間が1/20以下である。生物学的インジケータとして枯草菌芽胞が用いられ殺菌・滅菌実験が行われ,四重極質量ガス分析器により残留ガス成分計測が行われた。

We have developed a high-speed ethylene-oxide gas sterilizer without toxic residuals by using a poly-phase ac discharge plasma. The sterilization process is composed of three sequential processes. In the first process, a surface to be sterilized is cleaned by the plasma so that the chemical reactiveness of the surface can be improved remarkably. In the continuing process, an effective sterilization is accomplished by a ethylene-oxide gas with a fairly low concentration in a short time. In the last process, a residual ethylene-oxide is rapidly decomposed by the plasma into non-toxic gases.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 13, 46-55, 2003-03-31

    富山県立大学

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001057932
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6595290
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ