河川環境の回復・保全に関する考察 : 1:有峰湖に流入する渓流の事例について Study on restration and conservation of river environments : 1: On cases of streams flowing into Arimine Reservoir

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高橋 剛一郎 TAKAHASHI Goichiro
    • 富山県立大学短期大学部農業技術学科 Section of Atricultural Engineering, Department of Agricultural Technology, College of Technology TOYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY

抄録

有峰湖へ流入する渓流を対象に,河川工作物による環境改変の状況を調査し,環境回復・保全に開する検討を行なった.桐山谷と西谷には工作物が設置されておらず,良好な環境が残っている.ここでは今後とも自然状態のまま保全することが望ましい.十郎谷と峠谷,瀬戸谷,藤十郎谷にはそれぞれ2〜4基のダムが設置されていて,イワナの生息域を分断している.これらの谷では環境回復の効果がある程度期待できるが,とりわけ峠谷はダムの撤去や魚道の設置などの対策を行なう価値が最も高い.冷タ谷,猪根谷,東谷には多数のダムが設置されている.特に前二者においては環境改変の程度は著しく,ここでは環境回復を行なうことは現実的ではない.東谷では,新たに技術を開発するという挑戦的な意味をこめて,真に実動的な環境回復を図る場とすることが望ましい.

An inventory of artificial facilities was made in streams flowing into Arimine Reservoir, and stream environment was evaluated with reagard to the habitat of charr. Guidelines for restoration and conservation of stream environment were considered.

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 13, 91-99, 2003-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001057934
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6595407
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ