山岳域における霧水・降水中の過酸化物濃度の測定 Measurements of peroxides concentrations in fog and rain water at mountainous sites

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 渡辺 幸一 WATANABE Koichi
    • 富山県立大学短期大学部環境工学科 Department of Environmental Technology, College of Technology TOYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY
    • 武部 裕作 TAKEBE Yusaku
    • 富山県立大学短期大学部環境工学科 Department of Environmental Technology, College of Technology TOYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY
    • 曽出 信宏 SODE Nobuhiro
    • 富山県立大学短期大学部環境工学科 Department of Environmental Technology, College of Technology TOYAMA PREFECTURAL UNIVERSITY

抄録

2002年9月に富士山山頂(標高3776m)および富士山東南東側斜面の太郎坊(標高1300m)において霧水・降水を採取し、過酸化物や主要イオン濃度、酸性度(pH)の測定を行った。霧水のpHは4.0〜6.8程度で、乗鞍岳や神奈川県の大山などで発生している強い酸性霧に比べると、酸性度は比較的小さかった。山頂における霧水中の過酸化物濃度は、18〜105μM(平均50μM)と高く、S02を酸化させる潜在的な能力が大きいことがわかった。このような状況では、S0_2の不足が霧水の過度の酸性化を防いでいるが、S0_2のわずかな増加でも霧水を大きく酸性化させてしまうものと考えられる。将来、大陸起源のS0_2の増加などにより、高山地帯の雲水・霧水の酸性化が深刻化していく可能性がある。

Fog and cloud water was sampled at the summit of Mt. Fuji (altitude, 3776m), and Tarobo (altitude, 1300m), the ESE slope of Mt. Fuji in September 2002. The concentrations of peroxides and major ions, and pH in the fog and cloud water were measured. The pH varied over the range of 4.0〜6.8. The acidity was lower than that in the fog water at Mt. Norikura in central Japan or Mt. Oyama, southwest of the Kanto Plain. The concentrations of peroxides in the fog water at the summit of Mt. Fuji were 18〜105μM, with the average concentration being 50μM. Therefore, the potential capacity for SO_2 oxidation appears to be large. Under the condition, if SO_2 concentration increases (even if slightly), acidification of fog water may be easily accelerated. In the future, acidification of cloud and fog water will be serous at high elevation sites in Japan, due to transport of SO_2 from the Asian Continent..

収録刊行物

  • 富山県立大学紀要

    富山県立大学紀要 13, 107-110, 2003-03-31

    富山県立大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001057935
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358595
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09167633
  • NDL 記事登録ID
    6595427
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-1659
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ