米胚芽の乳酸菌発育促進物質について(その 1) On the Growth Stimmulating Substances in Rice Bran for Lactic Acid Bacteria (I)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

1.米胚芽水抽出液は, 加糖脱脂乳培地でLactobacillus casei(代田株, YIT-9018), Lact. acidophilus, Lact. burgaricusの酸生成量を著しく促進し, 発育促進効果を示した。2.白米, すなわち玄米全粒中の胚乳部分には, 乳酸菌発育促進効果が認められず, 胚芽部分に発育促進効果がもっとも強く認められた。また, 米胚芽油には発育促進効果が全くなかった。3.米胚芽の乳酸菌発育促進物質は水で容易に抽出された。4.米胚芽の乳酸菌発育促進物質のかなりの部分が透析され易いと考えられる。5.米胚芽の乳酸菌発育促進物質の一部はDowex 50にもDowex 1にも吸着されるが, 大部分はDowex 50のみに吸着されるので, 発育促進物質の一部は両性物質であり, 大部分は塩基性物質か無機カチオンと考えられる。6.米胚芽の乳酸菌発育促進物質は灰化してもその効果がかなり残存した。したがって, 発育促進物質の一つは無機塩類, おそらく無機カチオンであろう。

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001160724
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00216335
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    02860546
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ