日本人大学生の心配について : Worry Domain Questionnaireに基づく日本語版WDQ(大学生用)の作成の試みを通して Worry of college students in Japan : Through the development of Japanese version of Worry Domain Questionnaire

この論文をさがす

抄録

本研究は,日本人大学生の心配の構造について検討することを目的とした.初めに,一般的な心配を測定することのできるWDQの日本語版を作成した.表現に修正を加えたWDQ日本語版を, 208名の大学生に施行した.高い信頼性が確認されたが,因子的妥当性についてはさらに検討する余地が残った.次に,クラスター分析を用い,内容ごとの心配の傾向により分類をおこなったところ,ある内容に対して心配する人は同時に他の内容に対しても心配している,つまり特定の内容だけに対して心配するのではないことが明らかになった.また分散分析の結果から,種々の内容に対して心配する人ほど不安感を感じていることが明らかになった.因子分析およびクラスター分析の結果をまとめると,日本人大学生の心配は海外の一般成人の心配の構造とは同じような分化の仕方をしていない可能性が示唆された.

This study investigated the structure of content-based worry of Japanese undergraduates. Two hundred and eight Japanese college students completed a Japanese version of Worry Domain Questionnaire (WDQ : Tallis et al., 1992) along with STAI-Trait. First, in order to assess worry, the Japanese version of WDQ was developed. The scale was found to have good reliability. But factor analysis indicated that the structure of worry on Japanese college students might differ from that on people in western culture. Then, the structure of content-based worry was investigated. Cluster analysis revealed that students who were worried about one thing were also worried about other contents, and analysis of variance indicated that students who were worried about many contents showed more anxious than those who were not.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001220553
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13488406
  • NDL 記事登録ID
    6907304
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ