改訂版重要他者に対する再確認傾向尺度の信頼性・妥当性の検討 Reliability and Validity of Japanese Revised Version of Reassurance-seeking Scale

この論文をさがす

著者

    • 勝谷 紀子 KATSUYA Noriko
    • 東京都立大学大学院人文科学研究科:(現)日本学術振興会・日本大学 Tokyo Metropolitan University

抄録

本研究では,2つの調査によって改訂版重要他者に対する再確認傾向尺度(以下,再確認傾向尺度)の信頼性と妥当性を検討した.研究1では,301名の学生を対象とした予備調査の結果をもとに大学生123名を対象に再確認傾向尺度,抑うつ,自尊心を含む質問紙に回答させた.その結果,再確認傾向尺度は,2つの因子(再確認願望,再確認行動)から構成されていること,比較的高い値の信頼性係数があることが示された.また,本尺度は抑うつ傾向と正の相関,自尊心と負の相関があることが示された.研究2では,大学生397名を対象に調査を行い,本尺度は他の学生サンプルでも同様の因子構造がみられること,不安,拒否回避欲求,他者からの評価の知覚とも関連があることがみいだされた.最後に,再確認傾向にもとづいた重要他者との相互作用が精神的健康に及ぼす影響について,今後の研究の方向性について述べた.

This study investigated the reliability and validity of Japanese revised version of 12 item reassurance-seeking scale. In study 1,123 undergraduates were asked to complete a questionnaire that included the reassurance-seeking scale, a depression scale, and self-esteem scale. Results showed that reassurance-seeking scale had 2 factors : reassurance-seeking from significant others and interpersonal/cognitive/behavioral factor to seek reassurance. Also the scale had a positive correlation with depression and a negative correlation with self-esteem. In study 2,397 students participated in a questionnaire study to investigate correlational validity and test-retest reliability of the scale. Results indicated that it again consisted of 2 factors, and that reassurance-seeking correlated with trait-anxiety, need for rejection avoidance, and evaluations by close friends. Implications for future studies of the effects of reassurance-seeking on mental health were discussed.

収録刊行物

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001220559
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13488406
  • NDL 記事登録ID
    7123311
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ