完全主義の認知を多次元で測定する尺度作成の試み Development of Multidimensional Perfectionism Cognition Inventory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,完全主義の認知を「自己志向的完全主義がセルフ・スキーマとして活性化した結果,意識化された思考であり,できごとの解釈や注意に影響を与えるもの」と定義し,その認知を多次元で測定するための尺度(Multidimensional Perfectionism Cognition Inventory: MPCI)を作成した.研究1では,MPCIの因子構造が明らかとなり,高目標設置,ミスへのとらわれ,完全性の追求の下位次元が特定され,これらの下位次元は十分な信頼性を示した.研究2では,MPCIの構成概念妥当性と基準連関妥当性が明らかとなった.

The present study defined the perfectionism cognition as thought that had become conscious through activated perfectionist self-schema (Self-Oriented Perfectionism) and that would affect the person's attention and appraisal of life events. Based on this definition, we developed Multidimensional Perfectionism Cognition Inventory (MPCI) Study 1 examined the factor structure of MPCI and found three factors: personal standards, concern over mistakes, and pursuit of perfection. The factor-subscales showed good internal consistency and test-retest reliability. Study 2 looked at concurrent and correlational validity of MPCI.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 13(1), 34-43, 2004

    日本パーソナリティ心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001220561
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    7123341
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ