現代大学生の「ふれ合い恐怖的心性」と友人関係の関連についての考察 "Commu-phobic"tendency and friendship among contemporary college students

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現代大学生における「ふれ合い恐怖」的傾向と友人関係の特徴の関連についての調査研究を行った.大学生の対人恐怖的な傾向と「ふれ合い恐怖」的な傾向に関する尺度を作成し,また対人不安を感じる場面に関する分類を行った.対人恐怖的な傾向と「ふれ合い恐怖」的な傾向に関する尺度を変量としたケースのクラスタ分析の結果,4つの大きなクラスタが得られた.第1クラスタ(「ふれ合い恐怖」尺度の「対人退却」得点だけが全体の平均より高い群)の青年は,心情的に近い他者との関係において不安を示していた.また友人関係尺度の「不介入(他者との深い関係をとらない)」得点が高かった,これに対して,第4クラスタ(「対人退却」以外のすべての尺度の得点が高い群)は,友人関係尺度における「友人を傷つけないよう気を遣う」傾向の下位尺度得点が高かった.また第3クラスタ(「対人退却」下位尺度得点を除く「ふれ合い恐怖」および対人関係尺度の全得点が高い群)は,表面的で円滑な友人関係を取る傾向が高かった.これらの結果から,従来の知見とは異なり,対人関係から退却する「ふれ合い恐怖」群(第1クラスタ)と,表面的に対人関係が円滑に取れる群(第3クラスタ)とは,異なる群の青年であることが見いだされた.

The purpose of this study was to explore how "commu - phobic tendency" related to the characteristics of friendship patterns among contemporary college students. Cluster analysis was used for variables concerning anthropophobic - and commu - phobic tendency, and four large clusters were found. Students in Cluster 1 showed a high level of anxiety toward emotionally close friends. They were also high on a subscale of the friendship - pattern measure, which measured the tendency to avoid intimacy with others. Unlike them, those in Cluster 4 scored high on a subscale measuring the tendency to be careful not to hurt friends. Those in Cluster 3 were high on a subscale measuring the tendency to be just together with friends without becoming intimate. These results suggest that "commu - phobic adolescents" who withdraw from interpersonal relationships are different from those who are less anthropophobic and able to maintain superficial relationships with others.

収録刊行物

  • 性格心理学研究

    性格心理学研究 10(2), 69-84, 2002-03

    日本パーソナリティ心理学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001223702
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11512495
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13453629
  • NDL 記事登録ID
    6308375
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ