PTSDの治療法に共通するメカニズムは何か? : スペイツ氏の論文の要約 What Are the Shared Mechanisms of Therapy for PTSD : Summary of Spates' Article

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、行動分析学研究に掲載された心的外傷後ストレス障害(PTSD)に関するスペイツ氏の英語論文(Spates & Koch, 2003)を日本語で要約した。原文では、「エキスポージャー療法」と「眼球運動による外傷的記憶の脱感作と再体制化を行う技法(EMD/R療法)」に共通する治療メカニズムについて言及している。原文を読む前、あるいは後に本稿を読んでいただいたとき、少しでも本稿がお役にたてば幸いである。

The present article is a summary in Japanese of Spates & Koch's (2003) article about Posttraumatic Stress Disorder (PTSD), published in the Japanese Journal of Behavior Analysis. In his article, he attempts to identify shared mechanisms between exposure therapy and eye movement desensitization and reprocessing (EMD/ R). The summary in Japanese is intended to assist Japanese readers of Spates' article.

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001230740
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10150936
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09138013
  • NDL 記事登録ID
    7034626
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学) // ZS31(科学技術--医学--精神神経科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-2121
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ