改訂版対人場面におけるあいまいさへの非寛容尺度作成の試み Development of Revised Interpersonal Intolerance of Ambiguity Scale

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,改訂版対人場面におけるあいまいさへの非寛容尺度 (Revised Interpersonal Intolerance of Ambiguity Scale; IIAS–R) を作成し,その信頼性および妥当性の検討を行った.研究1では,自由記述調査の結果をもとに項目を作成し,確認的因子分析により初対面の関係におけるあいまいさへの非寛容,半見知りの関係におけるあいまいさへの非寛容,友人関係におけるあいまいさへの非寛容の3つの下位尺度を構成した.また,得点分布や記述統計量の確認を行った.そして,内的整合性を検討し,ほぼ十分な信頼性(α=.65~.77) を得ることができた.研究2では,IIAS–Rの各下位尺度と対人不安尺度,独断主義尺度との相関を検討し,ある程度の構成概念妥当性 (<i>r</i>=.22~.52) を確認することができた.研究3では,IIAS–Rの3ヶ月間の再検査信頼性を検討し,ほぼ十分な安定性(<i>r</i>=.66~.73) を確認することができた.以上より,IIAS–Rは信頼性および妥当性を兼ね備えた尺度であることが示唆された.

The purpose of this study was to develop Revised Interpersonal Intolerance of Ambiguity Scale (IIAS-R), which assessed the tendency with subscales for three types of people: first-time stranger, not-well-acquainted, and friend. Items for the scales were collected from self-report responses to an open-ended questionnaire. Scores for each subscale appeared to distribute normally. Internal consistency of the subscales was sufficiently high. Correlation coefficients between IIAS-R and social anxiety and dogmatism scales ranged from .52 to .22, which were statistically significant. Three-month test-retest reliability coefficients of the three subscales were .73, .70, and .66, respectively. The results demonstrated that the scale had good reliability and validity.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 13(2), 220-230, 2005

    日本パーソナリティ心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001242856
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    7344618
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ