門脈ガス血症の発生機序に関する実験的研究 EXPERIMENTAL STUDIES ON THE ETIOLOGY OF GAS IN THE PORTAL VENOUS SYSTEM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山口 敏朗 YAMAGUCHI Toshiro
    • 和歌山県立医科大学外科学講座(消化器外科) Department of Surgery(Gastroenterological Division), Wakayama Medical College

抄録

門脈ガス血症の発生機序を検討するために大腸管に急性潰瘍性病変を作成し,この腸管の内圧を上昇させ,腸管内ガスが門脈系に流入,移行する過程を観察した.この結果,正常腸管では高度の腸管内圧の上昇によっても門脈ガス血症は発生しなかった.急性潰瘍性病変が存在する腸管では,殊に粘膜下層より深層に達する病変では,門脈ガス血症は高頻度に発生し,また,病変が高度な程,発生時の腸管内圧は低くなる傾向がみられた.腸管内ガスの門脈系への移行は拡散の機序によるものではなく,腸管内圧上昇により破綻した,openの微小静脈への直接の移行である,との結論を得た.

収録刊行物

  • 日本消化器外科学会雑誌   [巻号一覧]

    日本消化器外科学会雑誌 13(11), 1260-1270, 1980-11-01  [この号の目次]

    一般社団法人日本消化器外科学会

被引用文献:  50件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001355628
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192066
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    03869768
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ