色彩刺激に対する心理評価と生理反応評価 Relation between Psychological and Physiological Responses on Color Stimulus

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、色彩刺激が、心理と生理に及ぼす効果について明らかにすることを目的とした。色相・明度・彩度と面積の違う合計60試料を作成し、光色刺激による、自律・中枢神経活動を評価するための指標として、心拍変動と脳波の測定行った。心理評価として、SD法による因子分析を行った。実験の結果、以下のような知見が得られた。・開眼状態であっても、α波含有量が後頭部位において顕著に喚起されていた。・小さい面積条件では、光色刺激のCuv^★が、高値になるほど、心理評価の「活動性因子」を高め、α波含有量を抑制することが示喚された。・大きい面積条件では、光色刺激のHuv°が、高値になると後頭部位において、α波含有量を喚起することが示喚された。・感情や情操に関わりのある、前頭部位において、純色、低彩度の光色刺激で、色相のG-P系で、α波成分に1/fゆらぎがみられた。副交感神経活動側に傾いていて、1/fゆらぎを示している光色刺激は、大きい面積条件では、純色赤(5R5/14)・青紫(5PB4/12)、小さい面積条件では、純色黄赤(5YR7/14)・高明度青(5B8/5)であった。生体が安静状態であり、快適に感じているということが、示喚される。・交感神経活動側に傾いていて、1/fゆらぎを示している光色刺激は、生体がよい意味で興奮状態であり、快適に感じているということが示喚された。

The purpose of this study was to make clear the effect of color stimulus on psychological and Physiological evaluation. Sixty examples were taken differentiating in Hue, Value, Chroma and surface of projection area. The fluctuation of the heartbeat and brainwaves were measured as an index to estimate the autonomic nerve response and central nerve response evoked by color stimulus. The analysis was made using SD method. Results obtained were ・There is a remarkable α wave constent at the occipital region. ・The "Factor of response" is so high that the color stimulus of Cuv^★ heightens the value on condition on a small surface of projecttion area. ・At the occipital region is suggested to so awakening of α wave content that the color stimulus of H°heightens the value on the condition of a large surface of the projection area. ・At the frontal region is observed 1/f fluctuation thet G-P of Hue at embellishment and Low chroma. ・It's 5R5/14, 5PB4/12 on a large surface of projection area and 5YR7/14, 5B8/5 on a small sueface of projection were tilted to the parasympathetic nerve response and observed 1/f fluctuation. It's suggested to the condition of keep quiet and feel comfort. ・The color stimulus tilted to the sympathetic nerve response and observed 1/f fluctuation is suggested to the condition of keep excitement and feel comfort.

収録刊行物

  • 日本色彩学会誌

    日本色彩学会誌 26(2), 50-63, 2002

    日本色彩学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

被引用文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001709823
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00313976
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03899357
  • NDL 記事登録ID
    6192210
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-395
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ