歯周ポケットにおける病原酵素産生菌の分布 Distribution of pathogenic enzyme producers in periodontal pockets with and without acute inflammation

この論文にアクセスする

著者

    • 中垣 直毅 NAKAGAKI Naoki
    • 大阪歯科大学大学院歯学研究科歯周病学専攻(大阪歯科大学歯周病学講座) Graduate School of Dentistry (Periodontology), Osaka Dental University

抄録

 歯周ポケットの組織破壊進展メカニズムのうち、急性発作時におけるポケット内細菌の直接的病原因子を明らかにするために、急性発作部位と非発作部位から細菌を分離し、酵素および粘性物質産生性を検索するとともに、その産生菌を同定した。<br> その結果、非発作部位においては collagenase および DNase 産生菌の比率が高く、平均値はそれぞれ 22.0%、および 18.4% であった。しかし、β-lactamase(5.7%)と trypsin(5.1%)を除く他の酵素産生菌の比率は、いずれも 5% 以下であった。一方、急性発作部位においても collagenase および DNase の産生菌の比率は高く、それぞれ 30.4% および 22.6% であった。加えて、trypsin 産生菌の比率は 17.6% を示した。しかし、他の酵素産生菌の比率はいずれも 5% 以下であり、collagenase、DNase および trypsin 産生菌が急性化に大きな影響を及ぼしていると考えられる。<br> 酵素産生菌を同定した結果、非発作部位での collagenase 産生における優勢菌は "<i>milleri</i>" group streptcocci(16.0%)であり、ほかにも <i>Prevotella</i>、<i>Lactobacillus</i>、<i>Fusobacterium</i> および <i>Veillonella</i> などが collagenase を産生することが示された。一方、急性発作部位での collagenase 産生においては、<i>P. gingivalis</i> が優勢であり、53.7% を占め、ついで <i>Fusobacterium</i>、"<i>milleri</i>" group streptococci の順であった。DNase 産生菌としては、非発作部位では "<i>milleri</i>" group streptococci がもっとも優勢であり、ついで <i>P. intermedia</i>、<i>Lactobacillus</i>、<i>Actinomyces</i> が上位にランクされた。一方、急性発作部位では <i>P. gingivalis</i> が 60.0% を占めた。Trypsin 産生菌として、非発作部位では <i>P. gingivalis</i> が 42.0% を占め優位であっだが、急性発作部位では 91.3% であった。<br> 以上の結果から、いずれの酵素とも急性発作部位では <i>P. gingivalis</i> が主役を演じており、宿主側の防御要因が減弱したとき、なんらかの原因で <i>P. gingivalis</i> が選択的に増殖し、病原的に働くと考えられる。

     I examine the production of the hydrolytic enzymes β-lactamase, DNase, hyaluronidase, chondroitin sulfatase, lipase, lecithinase, collagenase, trypsin, chymotrypsin and viscous material in clinical strains isolated from periodontal pockets with and without acute inflammation.<br>     In pocket bacteria with acute inflammation, the distribution of collagenase, DNase and trypsin producers was 30.4, 22.6 and 17.6%, respectively. Other hydrolytic enzyme-active bacteria were found in less than 5% of all isolates. However, in cases without acute inflammation, the averages for collagenase and DNase producers were 22.0 and 18.4%, respectively. The ratios for other enzyme producers were less than 6.0%, suggesting that collagenase, DNase and trypsin producers may be involved in exacerbation of the disease. <br>     In cases with acute inflammation, <i>Porphyromonas gingivalis</i> was the predominant collagenase producer (33.9%), DNase producer (35.7%) and trypsin producer (82.9%). However, in cases without acute inflammation, "<i>milleri</i>" group streptococci were identified as the major producer of collagenase (16.0%) and DNase (31.8%). <i>P. gingivalis</i> was the predominant trypsin producer (42.0%), although it was a subordinant producer of collagenase (8.2%) and DNase (7.1%).<br>     The ratio of the above enzyme producers was highest in periodontal pockets with acute inflammation, lower in cases without acute inflammation, and lowest in acute periapical periodontitis cases. This indicates that pocket bacteria have considerable potential to induce acute inflammation.

収録刊行物

  • 歯科医学  

    歯科医学 56(6), 497-508, 1993 

    大阪歯科学会

被引用文献:  7件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001723600
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ