年平均気温の変動から推定したリンゴおよびウンシュウミカンの栽培環境に対する地球温暖化の影響 Impact of Global Warming on Environments for Apple and Satsuma Mandarin Production Estimated from Changes on the Annual Mean Temperature

この論文をさがす

著者

抄録

リンゴおよびウンシュウミカンの栽培環境に対する地球温暖化の影響を年平均気温の変動から推定した.果樹栽培に有利な年平均気温として解析対象とした温度域はリンゴでは6~14℃およびこれよりやや狭い7~13℃,ウンシュウミカンでは15~18℃である.将来の気候の予測データとしては「気候変化メッシュデータ(日本)」を用い,約10×10 km単位のメッシュで解析を行った.その結果,リンゴ,ウンシュウミカンとも栽培に有利な温度帯は年次を追うごとに北上することが予想された.リンゴでは,2060年代には東北中部の平野部までが現在よりも栽培しにくい気候となる可能性が示唆され,東北北部の平野部など現在のリンゴ主力産地の多くが,暖地リンゴの産地と同等の気温になる,一方,北海道はほとんどの地域で栽培しやすくなる可能性が示唆された.ウンシュウミカンでも2060年代には現在の主力産地の多くが現在よりも栽培しにくい気候となる可能性が示唆されるとともに西南暖地の内陸部,日本海および南東北の沿岸部など現在,栽培に不向きな地域で栽培が可能になることが予想された.以上のように地球温暖化は今世紀半ばまでにわが国のリンゴおよびウンシュウミカンの栽培環境を大きく変化させる規模のものである可能性が示された.

This study was undertaken to assess the impact of global warming on the production in Japan of apple (Malus domestica Borkh.) and satsuma mandarin (Citrus unshu Marc.).The annual mean temperature was used to simulate possible changes in favorable regions for the cultivation of apple and satsuma mandarin. The temperature ranges assumed to be appropriate for fruit production were 6-14 ℃ and 7-13 ℃ for apples and 15-18 ℃ for satsuma mandarins, respectively. The database of "Climate Change Mesh Data (Japan)" was used to calculate annual mean temperatures under the climate change scenario, derived from four Atmosphere-Ocean General Circulation Models (AOGCM) at all 10 × 10 km mesh. It was predicted that the favorable regions to cultivate apples and satsuma mandarins will gradually move northward. In 2060's the plains of central Tohoku will be unfavorable for apple cultivation, while most of Hokkaido will be suitable. The plains of northern Tohoku are predicted to attain the annual mean temperatures higher than those of the current main producing districts. By 2060's, the favorable areas for satsuma mandarin production will possibly move from the southern coastal sites to inland areas of western and southern Japan, the plains of Kanto and the littoral zones of the Japan Sea in the central and western Japan and in southern Tohoku. Therefore, global warming will greatly affect the cultivation environment of apples and satsuma mandarins in Japan by the middle of the 21st century.

収録刊行物

  • 園藝學會雜誌

    園藝學會雜誌 73(1), 72-78, 2004

    園藝學會

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001803495
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00025257
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00137626
  • NDL 記事登録ID
    6825941
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-172
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE  NDL-Digital 
ページトップへ