CMV外被タンパク質遺伝子を導入した組換えメロンの閉鎖系温室及び非閉鎖系温室における環境に対する安全性評価(I) Environmental Risk Evaluation of the Transgenic Melon with Coat Protein Gene of Cucumber Mosaic Virus in a Closed and a Semi-closed Greenhouses(I)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

植物の組換えDNA技術の発達により,これまで利用が困難であった遠縁の生物種(動物や細菌など)の遺伝子を利用することも可能になってきた.このような外来遺伝子を導入した作物(以下組換え体と記す)は,今までの常識では予期せぬ形質・特性が現われる可能性が考えられることから,組換え体の特性と生態系に与える影響について,慎重に評価することが求められている.わが国での組換え体の環境に対する安全性評価は,閉鎖系及び非閉鎖系実験については,科学技術庁の「組換えDNA実験指針」(科学技術庁編1991)に従い,模擬的環境及び開放系利用については農林水産省の「農林水産分野等における組換え体の利用のための指針」(農林水産省編1992)に従って行われている.わが国で開放系利用による栽培まで進んだ作物は,組換えトマト(本吉宇垣1991)の1件のみであるが,米国では202件,カナダで約100件となっている(長谷部亮1992).本報告では,Yoshiokaら(1992)により報告されたCMV外被タンパク質遺伝子を導入した組換えメロンを用いて,閉鎖系及び非閉鎖系温室における組換え体の特性調査および環境への安全性評価を行ったので,その結果について報告する.なお,本報では組換えメロンの形態,生育特性及び遺伝子拡散に関わる特性について報告し,他の作物に及ぼす生育阻害効果,土壌微生物相に及ぼす影響,ベクターに用いたアグロバクテリウムの残存性については,続報において報告する.

収録刊行物

  • 育種学雑誌

    育種学雑誌 44(1), 101-105, 1994-03-01

    日本育種学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001807768
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11353132
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13447610
  • NDL 記事登録ID
    3869209
  • NDL 刊行物分類
    RB41(農産--作物および栽培)
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-238
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ