成人用エフォートフル・コントロール尺度日本語版の作成とその信頼性・妥当性の検討 Development and Validation of Japanese Version of Effortful Control Scale for Adults

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,成人用エフォートフル・コントロール(EC)尺度日本語版を作成し,その信頼性・妥当性の検討を行った.研究1では,大学生,専門学校生209名を対象に質問紙調査を行い,日本語版EC尺度とその下位尺度が必要な内的一貫性,再検査信頼性を持つことを確認した.また,新奇性追求,損害回避,ビッグ・ファイブのパーソナリティ次元,および抑うつ・不安との関連性から,尺度の構成概念妥当性が支持された.研究2では,日本語版EC尺度が単なる自己認知のみでなく実際の実行注意を測定しているか否かを検討するため,研究1の参加者のうち大学生47名を対象にストループ課題を行い,干渉効果の程度と日本語版EC尺度との関連を検討した.日本語版EC尺度合計および「行動抑制の制御」下位尺度は一致試行における誤反応率と負の相関を示し,また尺度合計および「行動抑制の制御」,「注意の制御」下位尺度は干渉効果の大きさと負に相関した.この結果から,尺度の基準関連妥当性が確認された.

This study developed Japanese version of Effortful Control (EC) scale for adults, and examined its reliability and validity. In Study 1, a questionnaire survey of 209 college and vocational school students showed sufficient internal consistency and test-retest reliability for the scale. Its correlational validity was also shown in terms of the relationships with novelty seeking, harm avoidance, Five-Factor personality dimensions, depressive mood, and state anxiety. Study 2 was conducted to show that the EC scale measured not only self-concept but also actual executive attention function. Forty-seven undergraduates who participated in Study 1 performed a Stroop task, and the relation between magnitude of interference effect and EC scale score was examined. The EC scale as well as its two subscales was negatively correlated with the magnitude, indicating criterion-related validity of the scale.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 14(1), 30-41, 2005

    日本パーソナリティ心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001844981
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    7833864
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ