友人関係への動機づけ尺度の作成および妥当性・信頼性の検討―自己決定理論の枠組みから:――自己決定理論の枠組みから Development of Friendship Motivation Scale in the Framework of the Self-Determination Theory

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岡田 涼 Okada Ryo
    • 名古屋大学大学院教育発達科学研究科 Graduate School of Education and Human Development, Nagoya University

抄録

本研究では,自己決定理論の枠組みから,大学生を対象に友人関係への動機づけを測定する尺度を作成し,その妥当性と信頼性について検討した.先行研究に従い,外的,取り入れ,同一化,内発の4下位尺度を設定した.確認的因子分析,下位尺度間相関,他の尺度との関連から4因子構造が確認され,その妥当性が示された.信頼性については,α係数,再検査信頼性を検討した結果,一定の信頼性を有することが示された.また,友人関係への動機づけが友人への向社会的行動に及ぼす影響を検討したところ,同一化や内発など友人関係への動機づけが自己決定的であるほど,向社会的行動の生起頻度が高くなっており,そのような関連は特に男性において強く見られた.以上のことから,友人関係への動機づけは妥当性と信頼性を有し,友人への向社会的行動を予測することが明らかにされた.

In this study, friendship motivation scale was developed in the framework of the self-determination theory, and its reliability and validity examined. Following previous studies, we expected four subscales: external, internalized, identified, and intrinsic reasons. Validity of the scale was examined through confirmatory factor analysis, intercorrelations among subscales, and their correlations with other scales. Alpha coefficients and test-retest correlations were calculated to study the reliability of the scale. Also, the relationship between friendship motivation and prosocial behavior toward friends was examined. Results showed that the degree of self-determined motivation predicted the amount of prosocial behavior, and the relation between motivation and prosocial behavior was stronger in men than women. These results showed that the friendship motivation scale had sufficient reliability and validity, and its score was able to predict prosocial behavior toward friends.

収録刊行物

  • パーソナリティ研究

    パーソナリティ研究 14(1), 101-112, 2005

    日本パーソナリティ心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001844987
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11873802
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1348-8406
  • NDL 記事登録ID
    7833961
  • NDL 雑誌分類
    ZS2(科学技術--心理学)
  • NDL 請求記号
    Z74-B175
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ