脳卒中後失語症者の言語症状の統計学的分析  [in Japanese] STATISTICAL ANALYSIS OF LANGUAGE IMPAIRMENTS IN POSTSTROKE APHASIC PATIENTS  [in Japanese]

Abstract

神奈川県総合リハビリテーションセンター七沢病院で昭和50年1月1日〜昭和56年5月31日の間に入院加療した脳卒中後失語症患者341名を対象とし, 古典的な失語症分類とSLTA得点プロフィールによる失語症分類との関係を, 因子分析, 判別分析, クラスター分析を用いてしらべた. 主要な結果は以下のとおりである.1. SLTAの平均得点プロフィールをそのまま検討してみると各項目に難易の差はあるが, 健忘失語で語の列挙に, 伝導失語, 超皮質性失語で復唱の項目に特徴がみられた. 一方, 運動失語, 感覚失語は大きな特徴がみられず平均得点プロフィールから両者を区別できなかった. 両者はまた, SLTA得点プロフィールにもとづく判別分析, クラスター分析を用いても区別できなかった.また, クラスター分析の結果は, SLTA得点プロフィールによる分類が疾患の古典的分類よりも, 各症例の重症度に左右される可能性を示唆していた. したがって, SLTA得点プロフィールは, 全失語, 伝導失語, 超皮質性失語のような同時に重症度も高いカテゴリーの判別とか, 失語症の重症度の段階決定には, 有用なものであるが, 種々の重症度の患者が含まれる運動失語と感覚失語の判別にはあまり役立たないと考えられる. 運動失語と感覚失語の区別をはじめ古典的分類への診断を実用的なものとするには, 流暢性などの客観的項目をつけ加えたDeepテストを開発しこれをSLTAに追加するなどの工夫が必要であると考えられた. 2. SLTAで検査される失語症の特徴を少数の因子で捕えるために因子分析を試みた. その結果, 第1因子 : 口頭表出・音韻操作, 第2因子 : 書字・書取, 第3因子 : 単語の理解, 第4因子 : 文の理解, 第5因子 : 漢字単語の書字, 第6因子 : 計算能力, 第7因子 : 語の列挙, の7因子が得られ, それによって28項目の内容を一通り説明することが可能であった. ここで得られた第1,第2因子は, 同時に失語症の重症度に関係しており, その意味でSchuellの Language behavior, 笹沼の言語行動, 福迫の言語の一般因子とほぼ一致すると考えられた.

SLTA (Standard language test of aphasia), a battery of test for language impairment, has been widely used in Japan since 1974. In order to compare the classification of aphasia by the classical method with that calculated by SLTA profile, 341 poststroke patients with aphasia who had been admitted to Nanasawa Hospital, Kanagawa Rehabilitation Center, from 1975 to 1981 were studied. The SLTA profile of these patients were analysed by means of factor analysis. "Word fluency" was characteristically disturbed in the patients with amnesic aphasia. "Repetition" were decreased in condition aphasia, whereas in transcortical aphasia only "repetition" remained intact. On the other hand, discrimination of Broca's aphasia from Wernicke's aphasia was not possible on the SLTA profile, even with the discriminant analysis or cluster analysis. Factor analysis wes executed with the correlation matrix of the 28 items of SLTA, and seven factors were extracted : (1) oral expression and phonological processing ; (2) writing; (3) word recognition ; (4) comprehension of complex sentences ; (5) calculation ; (6) writing of Kanji-words ; (7) word fluency.

Journal

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine   [List of Volumes]

The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 20(3), 159-170, 1983-05-18  [Table of Contents]

The Japanese Association of Rehabilitation Medicine

Cited by:  1

You must have a user ID to see the cited references.If you already have a user ID, please click "Login" to access the info.New users can click "Sign Up" to register for an user ID.

Preview

Preview

Codes

  • NII Article ID (NAID) :
    110001857375
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID) :
    AN00250275
  • Text Lang :
    JPN
  • Article Type :
    Journal Article
  • ISSN :
    0034351X
  • Databases :
    CJPref  NII-ELS 

Share