アトムからビットへのパラダイム転換の諸考察 Issues in Paradigm Shift from Atom to Bit

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アトムからビットへの革命という視点から, 情報パラダイムに幾つか検討すべき側面を付け加える。本論文の立場は, アトムとビットは単に対立概念でも無関係概念でもなく, その間の密接な関係を見出すことが情報パラダイムに大きな重要性を付け加えるとのものである。われわれの理論研究は, 物質保存則と計算万能性が自己増殖性によって橋渡しされるとのもので, 物質パラダイムと情報パラダイムにおける根本概念が生命科学でつながれるとの物質・情報・生命の三角形を構成する。このような理論は自然科学パラダイムの情報・生命シフトを予感させるとともに, 従来の物質の物理学で体系化しきれない自然の学を示唆する。ただ情報パラダイムは物質パラダイムの測度でとらえきれない問題を含み, そのような数理が経済や著作権問題を含めた今後の広範な社会の諸問題に影響していくものと思われる。

New information paradigm is discussed from the standpoint of revolution from "Atom" to "Bit." Atom and bit can have such close relations in science that add new importance and a deep comprehension to information paradigm. Our theory reveals a bridge between matter conservation and computational universality via self-reproduction process, and consequently designates a hidden trinity of matter, information, and life. Such theory suggests the shift of natural science to a new paradigm that nature conforms to informatics in some aspect, beyond the framework of materialistic physics. Information paradigm, however, includes difficult problems in such as economics and copyright agreements that do not have a single, well-defined measure like matter.

収録刊行物

参考文献:  13件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001882411
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540318
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13406531
  • NDL 記事登録ID
    5625799
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-B152
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ