批判的思考態度が結論導出プロセスに及ぼす影響 : 証拠評価と結論生成課題を用いての検討 Effect of Critical Thinking Disposition on Interpretation of Controversial Issues : Evaluating Evidences and Drawing Conclusions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は,批判的思考の態度構造を明らかにし,それが,結論導出過程に及ぼす効果を検討することである。第1に,426名の大学生を対象に調査を行い,批判的思考態度は,「論理的思考への自覚」,「探究心」,「客観性」,「証拠の重視」の4因子からなることを明らかにし,態度尺度の信頼性,妥当性を検討した。第2に,批判的思考態度が,対立する議論を含むテキストからの結論導出プロセスにどのように関与しているのかについて,大学生85名を用いて検討した。その結果,証拠の評価段階に対する信念バイアスの存在が確認された。また,適切な結論の導出には,証拠評価段階が影響することが分かった。さらに,信念バイアスは,批判的思考態度の1つである「探究心」という態度によって回避することが可能になることが明らかにされ,この態度が信念にとらわれず適切な結論を導出するための重要な鍵となることが分かった。

The purpose of this study is to investigate how critical thinking disposition and belief affect drawing conclusion process. First, we composed critical disposition scale. Four-hundreds and twenty-six university students completed critical thinking disposition questionnaire. Exploratory factorial analyses extracted four factors which were called 'awareness for logical thinking', 'inquiry-mind', 'objectiveness', and 'evidence based judgment'. Reliability and validity were adequate to good. Second, we examined that critical thinking disposition and belief affect drawing conclusion process from contrary evidences. Eighty-five university students participated in this study. As a result, it was found that belief bias had influence on evaluation of the evidence. And It was found that the adequate evaluation of the evidence affects draw a correct conclusion. Furthermore, 'inquiry-mind' that one of critical thinking disposition factors enables to avoid belief bias. So, it was revealed that this critical thinking disposition was an Important factor to conclude correctly from contrary evidences.

収録刊行物

被引用文献:  21件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001889133
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    7041743
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ