女子青年における不安と両親の夫婦関係に関する認知 : 子どもの目に映る父親と母親の結婚生活コミットメント Perception of Interparental Commitment : Effect on Anxiety in Late Adolescent Women

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 青年期の子どもからみた両親のコミットメントに関する認知尺度を作成し, 両親間の葛藤解決および青年の不安との関連性を検討することを目的として実施された。女子青年136名(平均20.4歳)を対象に質問紙調査を実施した。分析の結果, 両親の結婚生活に対するコミットメントの認知は, 父母いずれも「存在の全的受容・非代替性」「社会的圧力・無力感」「永続性の観念・集団志向」「物質的依存・効率性」の4因子が抽出された。このうち, 不安と比較的強い相関がみられたのは「存在の全的受容・非代替性」と「社会的圧力・無力感」であり, 両者は異なる関連にあった。すなわち, 「存在の全的受容・非代替性」を高く認知している者ほど不安は低減するのに対し, 「社会的圧力・無力感」が高い者ほど不安は強まることが示された。また両親のコミットメントと女子青年の不安の関連は居住形態によって異なり, 親と同居している場合に顕著であった。さらに両親間の葛藤解決と不安の関連は一様ではなく, コミットメントの性質によって異なる可能性が示唆された。

The purposes of the present study were to develop a measure of late adolescent women's perception of interparental commitment, and to examine the relation of interparental conflict and anxiety in those young women. The Children's Perception of Interparental Commitment Scale was completed by 136 women (mean age, 20.4; SD, 1.25). Factor analysis yielded 4 factors:"whole acceptance of being/one and only""social pressure/powerlessness, ""idea of permanence/group orientation, " and "material dependence/efficiency." A low score on "whole acceptance of being/one and only" and a high score on "social pressure/powerlessness" were related to anxiety. Among the young women who lived with their parents, anxiety was closely related to interparental commitment. The relation between interparental conflict resolution and anxiety differed slightly, depending on the women's type of commitment to marriage.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 53(2), 209-219, 2005-06-30

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001889176
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    7377203
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ