機械加工技能の因子論的研究 : 機械科訓練生の能力構造 FACTORIAL STUDY OF MACHINING SKILL : Ability structure of Mechanical Course Trainees

この論文をさがす

著者

抄録

従来の工業的技能に関する因子分析的研究の手続における問題点を検討し,機械加工の技能遂行能力を因子論的に解明することを目的とする。被験者は職業訓練校機械科(旋盤専攻)訓練生(2年生)366名とした。テスト変数として技術的知識領域34,技能領域11,適性領域9の54変数を設定し,訓練修了時に実施した。得られた結果を解析I,IIによって検討する。解析1:結果の相関行列から因子分析し,更にWPG法と再配置法の併用によってクラスター分析を行い,能力の階層構造を求める。解析II:作業段取り2変数を技術的知識領域,技能領域のそれぞれに加えた場合と加えない場合の因子分析結果の構造的差違を検討する。更に両グループ間の正準相関分析によって,介在する内在的因子の確認を行う。この結果,次の諸点が見出された。

The main problem in the factorial study of industrial skill is whether skill and technical knowledge are synthesized ability or separate one. Solution of this problem plays an important part in the development of the curriculum arrangement and teaching methods concerning industrial skill. However, recent studies concerning this problem have not obtained conformed results. The purpose of this paper was first to clarify the ability structure of mechanical course trainees, and secondly to examine whether skill and technical knowledge were integrated or separated in ability, and thirdly to show how "Ability of work planning" was related to "Technrcal Knowledge" and "skill".

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 25(4), 231-241, 1977

    日本教育心理学協会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001892222
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    1862082
  • NDL 刊行物分類
    H61;SB0
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ