高校生のジェンダ-をめぐる意識 Relationship between Gender Conception and Gender-Related Awareness and Experiences in Adolescents

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, ジェンダーに関する認知的な枠組みとしての性差観とジェンダーに関わる他の意識との関連を検討し, その関連から性差観のジェンダー・スキーマの測度としての構成概念妥当性を検証しようとするものである。747名の女子高校生と726名の男子高校生に, 性差観, 異性意識, 性役割指向性, 性差に対する自覚の経験, 性差の原因帰属を尋ねた。その結果, 性差観の弱いことは次のことと関係していた。(a)これまでの生育過程で内面的な特性について性差を意識した経験がほとんどない, (b)異性への関心や異性からどのようにみられているかということへの関心が薄い, (c)女性の職業や社会的地位における男性との差を社会の仕組みに帰属させる, (d)性役割指向性はアンドロジニーないし異性に向いている。このように性差観の弱さはジェンダーに関する意識や事態の脱性別化と関係しており, 性差観の構成概念妥当性が検証された。

This study is to investigate if the gender conception as a cognitive frame is associated with other gender-related awareness and experiences, and to prove whether the gender conception can be used as a measure of gender schema. High school students, 747 females and 726 males, were asked of their gender conception, consciousness of the opposite sex, evaluation of own sex, experiences in and causal attribution of awareness of sex / gender differences. The results showed that the weaker gender conception is related with the following factors : (a)rare experiences in their life to aware the gender difference in internal characteristics ; (b)little interest in the opposite sex and little concern on how they might be looked upon by them ; (c)the causal attribution of discrimination against females to the society at large ; and (d)admittance of their androgynous tendency. The weak gender conception was therefore, associated with a non-sextyped awareness and experiences. As the result, the Scale of Gender Conception was considered to have a construct validity as a measure of gender schema.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 46(3), 247-254, 1998-09

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001893126
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    4590321
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ