中学生の友人関係場面における目標志向性と抑うつとの関係 Relation Between Goal Orientation in Peer Relationships and Depression Among Preadolescents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 中学1・2年生を対象として, 友人関係場面における目標志向性(経験・成長目標, 評価-接近目標, 評価-回避目標)と抑うつとの関係について検討したものである。研究1において, 目標志向性を測定する尺度を開発し, その信頼性と妥当性が検証された。研究2では, 目標志向性と抑うつとの関係を重回帰分析により検討した。その結果, Dweck&Leggett(1988)の仮説通り, 「対人的経験を積むことを通して自分を深めようとする」経験・成長目標は抑うつを抑制し, 「自分の性格について悪い評価を避けようとする」評価-回避目標は抑うつを促進するが, Dweck&Leggettの仮説に反して, 「自分の性格について良い評価を得ようとする」評価-接近目標は抑うつを抑制することが明らかになった。また, 評価-接近目標が抑うつを抑制する効果は, 2年生よりも1年生において顕著にみられることが示された。

In the present investigation of the relation between depression and goal orientation in peer relationships among seventh and eighth graders, 3 kinds of goal orientations were examined:interpersonal experience/growth(the goal of developing oneself by acquiring interpersonal experiences), performance-approach(the goal of obtaining positive personality evaluations in peer relationships)and performance-avoidance(the goal of avoiding negative personality evaluations in peer relationships). In study 1, a new scale of goal orientaion in peer relationships was shown to have sufficient reliability and validity. In study 2, the relation between depression and goal orientation was examined by means of a multiple regression analysis. The results indicate that the interpersonal experience/growth goal is negatively related with depression, while the performance-avoidance goal is positively related, supporting Dweck & Leggett's(1988)model. However, in contrast to their model, the performance-approach goal was negatively related to depression. The results also suggest that the negative relation between depression and performance-approach goal is stronger for seventh graders than for eighth graders.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 49(2), 129-136, 2001-06-30

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001893227
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    5832989
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ