青年期の友人関係における山アラシ・ジレンマの分析 The Porcupine Dilemma in Adolescents' Friendships

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 青年期の重要な友人との関係における心理的距離をめぐる葛藤について検討する。具体的には, 青年が友人との心理的距離をめぐり, 「近づきたいけれども近づきすぎたくない」, 「離れたいけれども離れすぎたくない」というように, 「適度さ」を模索して生じる葛藤である。本研究ではこの葛藤を, 「山アラシ・ジレンマ」として捉え, (1)青年期の友人関係における「山アラシ・ジレンマ」を抽出する, (2)「山アラシ・ジレンマ」に対する心理的反応の仕方を明らかにする, (3)「山アラシ・ジレンマ」とそれに対する心理的反応の仕方の関係について, 心理的距離の程度から明らかにする, ことを目的として研究を行った。その結果, 近づくことに対するジレンマ, 離れることに対するジレンマにおいて, 心理的要因がそれぞれ2つずつ抽出された。それらは, 対自的要因によるジレンマと, 対他的要因によるジレンマであると整理された。また, 生じた「山アラシ・ジレンマ」に対して, 「萎縮」, 「しがみつき」, 「見切り」という3つの心理的反応があることが明らかとなった。さらに, 対自的要因による「山アラシ・ジレンマ」ほど, 心理的反応に結びつきやすく, その傾向は相手との心理的距離を遠く認知しているほど強まることが明らかとなった。

The present study investigated the conflict concerning psychological distance that occurs to adolescents with respect to their significant friends when adolescents are uncertain about an appropriate psychological distance between them and their friend. This has been labeled"the Porcupine Dilemma. " The purposes of the present study were to (1)identify factors involved in the Porcupine Dilemma, (2)clarify psychological reactions to this dilemma, and (3)clarify the relation between this dilemma and psychological reactions having to do with the degree of psychological distance. From the dilemmas of approaching and leaving, two psychological factors were extracted respectively:"the dilemma that occurs with oneself"(avoiding feeling hurt or lonely oneself), and "the dilemma with respect to others"(avoiding causing others to feel hurt or lonely). The results also showed 3 psychological reactions to the Porcupine Dilemma:cowering, clinging, and giving up. Moreover, "the dilemma that occurs with oneself"was easier to connect with psychological reactions, and this tendency increased with psychological distance from the friend.

収録刊行物

被引用文献:  3件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001893229
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    5833016
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ