大学生の進路未決定者が抱える困難さについて : 教員養成学部の学生を対象に Difficulties in Making Career Decisions : College Students Majoring in Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大学生における進路未決定のうち, 一般学生に見られる決定の困難さのメカニズムを解明するために, 教員養成学部において質問紙調査を実施した。分析の対象は3年生233名である。「もう迷わない」と決めた進路の選択肢があるか否かで操作的に決定・未決定を定義づけたところ, 決定者が84名, 未決定者が149名であった。その両群間によって, 未決定者は(A)自分の抱える問題が何なのかを理解できていないのではないか, および(B)意思決定のための行動に結びつきにくい困難さを抱えているであろうという2つの仮説を検討した。その結果, 仮説Aは支持されたが, 仮説Bは支持されなかった。そこで「快適さ」の指標を加えて分析対象者を限定したところ, 未決定者が情報や答が得られにくい問題に悩まされているという結果が見出され, 仮説Bが支持された。さらに未決定者のうち, indecisive傾向の強い者は拡散的に新たな進路の選択肢を求めるという結果が見出され, それは仮説Bを支持するものであった。最後に, 未決定者に対して有効と思われる処遇と, 今後の研究に向けての考察を行った。

The purpose of the present study was to investigate difficulties that college students have in making career decisions. 233 college juniors majoring in education were given a questionnaire. Of those, 84 students had decided to apply for at least one career. The main results were as follows:(1)Undecided students showed a smaller variance in ratings on a 40-item difficulty scale, and reported having more trouble rating activities than did those who had made a decision. This suggests that they did not seem to recognize their difficulties well. (2)Undecided students who did not feel comfortable about their decision-makig status were apt to be annoyed at tasks that students find difficult to solve. (3)Among undecided students, those who were indecisive tended to seek novel alternatives, and did not seem to examine their current alternatives well.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 49(2), 209-218, 2001-06-30

    日本教育心理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001893235
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    5833114
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ