問題焦点型対処方略と思考の制御困難性の関連 : 問題解決過程を評価・制御する認知に着目して Problem-Focused Coping Strategies and the Uncontrollability of Thoughts : Mediating Role of Meta-Cognition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 杉浦 義典 SUGIURA YOSHINORI
    • 日本学術振興会・東京大学大学院総合文化研究科 RESEARCH FELLOW OF THE JAPAN SOCIETY FOR THE PROMOTION OF THE SCIENCE, GRADUATE SCHOOL OF ARTS AND SCIENCES, UNIVERSITY OF TOKYO

抄録

心配は,制御困難な思考であると同時に,困難な問題を解決しようとする動機を反映している。先行研究では,問題を解決するための方略(問題焦点型対処方略)の使用が,思考の制御困難性を強める場合があることが見いだされている。本研究では,問題焦点型対処方略と思考の制御困難性との関連を規定する要因として,問題解決過程を評価,制御する思考(内的陳述)に着目して検討した。大学生177名を対象とした質問紙調査の結果,問題解決への積極性や粘り強さをしめす自己教示(考え続ける義務感)と問題解決過程に対する否定的な評価(未解決感)が,問題焦点型対処方略と思考の制御困難性の関連を媒介していた。考え続ける義務感と未解決感は,いずれも思考を持続させるような内容の変数である。これらの結果から,動機的な要因による思考の持続が,思考の制御困難性の重要な規定要因であることが示唆された。

"Worry" is uncontrollable negative thinking, but, at the same time, it represents an active Coping process. Research has demonstrated that the use of problem-focused coping strategies can enhance the uncontrollability of thoughts about stressors. In the present study, internal statements evaluating and regulating problem-solving processes were hypothesized to be the mechanism that links problem-focused coping strategies and the uncontrollability of thoughts. A questionnaire was completed by 177 students. The internal statements that mediated the relation between problem-focused coping strategies and uncontrollability were of 2 types, namely, those reflecting high motivation and adherence to problem-solving, and those reflecting a pessimistic view of the problem-solving process. Inspection of the nature of the internal statements suggested that persistence of thinking is important in the etiology of uncontrollable thinking ("worry").

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 50(3), 271-282, 2002-09-30

    日本教育心理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001893307
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    6336501
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ