青年期における「疎外感」の発達と適応との関係 A DEVELOPMENTAL STUDY OF ALIENATION AND ADJUSTMENT DURING ADOLESCENCE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,疎外感尺度を作成し,青年期における疎外感の発達的変化および疎外感と適応との関係を検討した。主な結果は,次の通りである。1.疎外感は青年期において発達的に減少する。2.疎外感は自我同一性(古沢の尺度による)と負の有意な相関がある。3.問題児は,問題を持たない者に比べ有意に高い疎外感を示す。しかし,次のような問題や限界も考えられる。第1に,疎外感の発達的変化は,横断的方法により分析されたが,これは,対象の選択の仕方により,結果が若干異なる可能性もある。今後さらに,縦断的研究によって,この点を検討することが必要であろう。第2に,疎外感と適応との関連を分析する場合に,疎外感の強弱という量的側面からの接近のみでは,十分でないことが考えられる。たとえば,疎外感をどうとらえるか(受容できるもの,或は拒絶すべきものと感じるなど)により,適応の様相も異なってくると想定される。このような観点からは,疎外感は問題行動などのネガティヴな心理側面と密接な関わりを持つと同時に,独創性や創造性や創造性などの人問の積極的な行動特性との関連において,ポジティヴな側面から問題にすることも可能であろう。

The purposes of the present study were to construct an Alienation Scale and to investigate developmental change during adolescence, and to clarify the relationship between alienation and adjustment. The first study was designed in order to construct a psychological scale of alienation. 72 items were selected according to the concept of alienation as a psychological term. Then, these items were administered to 272 subjects and analysed by means of item- and factor-analysis. Consequently, the alienation scale consisted of 44 items which could be divided into 4 factors, i.e., the feeling of loneliness, emptiness, oppression-restriction, and self-contempt. (see TABLE I )

収録刊行物

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001897390
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    2371146
  • NDL 刊行物分類
    H61;SB0
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ