青年期の各学校段階における無気力感の検討 Apathy : Junior High, High School, and Collge Students

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 青年期における生活感情としての無気力感の各学校段階における特徴について検討することである。質問紙は, 無気力感, 学校適応感およびソーシャル・サポートなどにより構成された。また, 調査対象者は949名の中学生, 高校生および大学生であった。主な結果は以下の通りである。1)因子分析の結果によると, 無気力感尺度には「自己不明瞭」「他者不信・不満足」「疲労感」の3つの因子が見出された。2)分散分析の結果によると, 「自己不明瞭」と「疲労感」は大学生段階で低下し, 「他者不信・不満足」は男女で発達的様相が異なっていた。3)中・高生においては, 学習意欲や友人関係についての学校適応感が, 無気力感と関連していた。また大学生女子よりも大学生男子において, 友人サポートが「他者不信・不満足」と強く関連していた。

The purpose of the present research was to examine the features of apathy in relation to how adolescents feel about their lives during 3 levels of schooling : junior high school, high school, and college. A questionnaire covering apathy and such topics as school adaptation and social support was given to 275 junior high school students(142 boys and 133 girls), 337 high school students(169 boys and 168 girls), and 337 college students(164 men, 159 women, and 14 unidentified), for a total of 949 students. The main results were as follows : (1)Factor analysis revealed 3 factors in the apathy scale : self-unkonwing, personal distrust and dissatisfaction, and feeling of fatigue. (2)The results of ANOVA showed that the factors of self-unknowing and feeling of fatigue fell in the college student level, and that the developmental aspects of personal distrust and dissatisfaction varied, depending on the student's gender. (3)In the junior high school and high school students, feelings of school adaptation about wanting to study and relations with friends were connected with apathy. For the male college students, but not the females, friends' support was strongly connected with the factor of personal distrust and dissatisfaction.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 49(3), 305-313, 2001-09-30

    日本教育心理学会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001897543
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    5939684
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ