青年の学校への適応感とその規定要因 : 青年用適応感尺度の作成と学校別の検討 Factors Contributing to Subjective Adjustment to School in Adolescents

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は, 個人-環境の適合性の視点から適応状態を測定する青年用適応感尺度を作成し, その信頼性と妥当性を検証すること(研究1), 作成された適応感尺度と学校生活の要因(友人との関係, 教師との関係, 学業)との関連を検討すること(研究2)であった。研究1では中学生621名, 高校生786名, 大学生393名が, 研究2では中学生375名, 高校生572名が調査に参加した。作成された尺度の因子分析の結果から, 従来の適応感尺度の因子とは異なる「居心地の良さの感覚」, 「課題・目的の存在」, 「被信頼・受容感」, 「劣等感の無さ」の4因子が抽出された。また尺度の信頼性と妥当性を検討したところ, 個人-環境の適合性の視点から作成された適応感尺度は, 十分な信頼性と妥当性を有していると考えられた。学校生活の要因と適応感との関連について重回帰分析を用いて学校ごとに検討した結果, どの学校においても「友人との関係」が適応感に強く影響を与えていた。一方, 「教師との関係」, 「学業」と適応感の関係の構造は学校ごとに異なっていた。以上の結果から, 青年の学校への適応感について, 各学校の特徴を踏まえた上で研究を進めていく必要性が示された。

The purposes of the present study were to develop a subjective adjustment scale for adolescents from the viewpoint of person-environment fit, to examine the reliability and validity of the scale, and, using the scale, to investigate the relation between school life and subjective adjustment. Participants in Study 1 were 621 junior high school students, 786 senior high school students, and 393 university students, and, in Study 2,375 junior high school students and 572 senior high school students. In Study 1, using factor analysis on the data from the initial set of 47 items in the subjective adjustment scale, 4 main factors were extracted : "sense of comfort, """existence of task and purpose, """feelings of acceptance and trust, " and "absence of feelings of inferiority." The reliability and validity of the subjective adjustment scale were confirmed. In Study 2, in order to examine the relation between school life and subjective adjustment, multiple regression analyses were performed, with school life as the independent variable, and subjective adjustment, the dependent variable. The results for all schools in the study showed that although relations with friends were strongly related to subjective adjustment, relations with teachers and studies were not related to subjective adjustment.

収録刊行物

  • 教育心理学研究

    教育心理学研究 53(3), 307-319, 2005

    日本教育心理学協会

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110001900218
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00345837
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00215015
  • NDL 記事登録ID
    7462489
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z7-182
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ