ゲージ理論におけるドメインウォールとヒッグス相中のソリトン(最近の研究から) Domain Walls in Gauge Theories and Soltions in the Higgs Phase(Current Topics)

この論文をさがす

著者

抄録

ソリトン, 特にドメインウォールの種類や性質の研究に関する最近の発展を解説する.8個の超対称電荷を持つU(Nc)ゲージ理論では, ドメインウォール解の全体は複素グラスマン多様体になることがわかった.ドメインウォールは, ゲージ対称性が破れたヒッグス相で生じるが, そこでは磁気単極子も渦糸を伴った複合ソリトンになるなど, 新たな興味深い様相を示す.

Recent progress in studying solitons, especially domain walls are reviewed. In the U(Nc) gauge theory with 8 supercharges, the moduli space of domain walls is found to be the complex Grassmann manifold. Domain walls can exist in the Higgs phase where new interesting phenomena arise for solitons in general. For instance the magnetic monopole accompanies vortex strings to become a composite soliton.

収録刊行物

  • 日本物理學會誌

    日本物理學會誌 60(4), 281-284, 2005-04-05

    一般社団法人日本物理学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002078780
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00196952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00290181
  • NDL 記事登録ID
    7320403
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-13
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ