小笠原諸島産のカノコイセエビPanulirus longipes femoristrigaの2型 Two Forms of Panulirus longipes femoristriga (Crustacea, Palinuridae) from Ogasawara Waters, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 関口 秀夫 SEKIGUCHI Hideo
    • 三重大学生物資源学部水圏生態学 Marine and Freshwater Ecology Laboratory, Faculty of Bioresources, Mie University

抄録

小笠原諸島の父島においてカノコイセエビ標本を入手した.小笠原諸島の漁師は,第1触角の鞭状部に白縞を欠くアカエビと,白縞をもつシラヒゲエビの2型にこれらのカノコイセエビを分けている.数量としては,アカエビが多く,シラヒゲエビは少ない。本論文では,これらのカノコイセエビの2型の色彩や形態特徴を記載し,動物地理学的見地からこれら2型について検討を加えた.これらの2型はいずれも胸脚に数本の白色の縦縞があり,GEORGE & HOLTHUIS(1965)の記載に従えば,カノコイセエビの亜種であるPanulirus logipes femoristrigaと同定された。関係文献の調査から,第1触角鞭状部に縞をもつものと,もたないものの2型の地理分布を調べてみると,カノコイセエビの亜種P.longipes femoristrigaの地理分布の北方の縁辺域(小笠原諸島を含む本邦水域)および南方の縁辺域(小笠原諸島,ニューヘブリジーズ諸島,ニューカレドニア諸島,フィージー諸島,クック諸島)においてのみシラヒゲエビ型の個体が出現し,その他の水域ではアカエビ型の個体であった。

Panulirus longipes from Ogasawara waters is divided into two forms, viz., "Aka-ebi" without cross-bands on the antennular flagella (Plate 1) and "Shirahige-ebi" with white cross-bands (Plate 2). The two forms are striped-legged and clearly belong to P. longipes femoristriga defined by GEORGE and HOLTHUIS (1965). The color and morphological features of both forms are described and the geographical distribution of both forms are surveyed on literature. The form with cross-banded flagella is present in northern and southern marginal areas of the distribution of P. longipes (Japanese waters including Ogasawara, New Hebrides, New Caledonia, Fiji and Cooks), while the form without cross-banded flagella is obtained from Ogasawara waters and others (except above-stated areas).

収録刊行物

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002341406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166758
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    02870223
  • NDL 記事登録ID
    3734188
  • NDL 刊行物分類
    RA82(動物一般・分類・進化--無脊椎動物)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-4
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ