ネゲントロピの新しい定式化の提案-2-ネゲントロピによる仕事の表現〔含 討論〕 Presentation of a New Formulation of Negentropy : 2nd Report, Description of Work by Negentropy

この論文をさがす

著者

抄録

ネゲントロピの概念は,情報,秩序,非平衡性,仕事の可能性などを物理的に表現することを意図して導入されたものであり,前報で提案された新しい定義によるネゲントロピは,従来の定義によるよりも適切にこれらを表現できた.本報はこれらのうち,新しい定義によるネゲントロピと仕事の可能性との関連性を主眼とし,仕事や熱,体積変化の形でネゲントロピがどのように系を移動するかを見,有効エネルギとの関係に触れている.

収録刊行物

  • 日本機械学会論文集 B編

    日本機械学会論文集 B編 48(426), p291-299, 1982-02

    一般社団法人日本機械学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002398470
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187441
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03875016
  • NDL 記事登録ID
    2441203
  • NDL 刊行物分類
    MC45(熱)
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-109
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ