Kullback-Leiblerの情報量によるネゲントロピの拡張の提案-1-定義およびエクセルギ Proposal of an Extension of Negentropy by Kullback-Leiber Information : 1st Report,Definition and Exergy

この論文をさがす

著者

抄録

著者は以前従来のネゲントロビの定義を変更してエントロビ差による定義を提案したが,これは孤立系に基づくもので,一般の状況下にある系に適用するには更に定義の変更が必要になる.本報ではKullback-Leiblerの情報量による定義を提案し,これによるネゲントロビが正値性や非平衡性,仕事の可能性を表すことを示し,さらにエクセルギを導くことを見た.拡張されたネゲントロビは,その一部として拡張前の懸念を含んでいる.

収録刊行物

  • 日本機械学会論文集 B編

    日本機械学会論文集 B編 51(464), p1235-1242, 1985-04

    一般社団法人日本機械学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002399727
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187441
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03875016
  • NDL 記事登録ID
    3027756
  • NDL 刊行物分類
    MC15(理論物理学--熱力学・統計力学)
  • NDL 雑誌分類
    ZN11(科学技術--機械工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z16-109
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ