コンテンツ容量から見た情報モビリティに関する検討 Information Mobility and Transport Model based volume of Internet Contents

この論文をさがす

著者

抄録

近年大容量ハードディスク等の低価格化大容量化が加速している。発表者らはわが国におけるWebコンテンツの容量推定を行った。超大容量通信回線を維持するコストと一時的な情報到達性からモデルを比較し,ユビキタス情報モビリティのための検討を行った。

Recently, portability and cost of the hard disks for the mobile computer is getting more cost-effective. The authors tried to estimate the surface Internet Web's volume of contents at 2002^<nd>. From that result, it is suggested that the more cost effective model would be required among the data transport cost and information connectivity as the ubiquitous information network resource management.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告] = IPSJ SIG technical reports

    情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告] = IPSJ SIG technical reports (26), 39-44, 2003-09-25

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002664540
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11851388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    6708550
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ