905. 西南日本における下部ジュラ系放散虫化石帯 905. LOWER JURASSIC RADIOLARIAN ZONES OF SW JAPAN

この論文をさがす

著者

抄録

西南日本のチャート及び泥岩からなる連続層序断面において放散虫化石の垂直分布を調査し, 4群集帯と4亜群集帯を最上部トリアス系から中部ジュラ系下部の間に設定・記載した。記載した化石帯は, 下位よりParahsuum simplum群集帯及びその4亜群集帯(Subzones I-IV)と, Mesosaturnalis hexagonus群集帯(新提唱), Parahsuum (?) grande群集帯, Hsuum hisuikyoense群集帯である。アンモナイト化石帯と直接対応のつく北米やトルコのデータとの比較により, 各群集帯の年代は, Rhaetian/HettangianからBajocianまでの間にそれぞれ位置づけられる。新たに設定したMesosaturnalis hexagonus群集帯は, Parvicingula属(広義)の出現や多様な小型塔状Nassellariaの産出で特徴づけられ, 西南日本だけでなく北米においても本群集帯に対応する化石帯が識別される。

Four Lower Jurassic radiolarian assemblage-zones and four subzones are established on the basis of radiolarian biostratigraphic data from the Inuyama and three other areas of SW Japan. These zones are as follows in ascending order : the Parahsuum simplum (divided into Subzone I to IV), Mesosaturnalis hexagonus (newly proposed), Parahsuum (?) grande and Hsuum hisuikyoense Assemblage-zones. These zones range in age from latest Triassic/earliest Jurassic (Rhaetian/Hettangian?) to early Middle Jurassic (Bajocian). This age assignment is based on comparison with Early to Middle Jurassic radiolarian biostratigraphy established in North America and Turkey.

収録刊行物

  • 日本古生物学會報告・紀事 新編

    日本古生物学會報告・紀事 新編 (159), 562-586, 1990-09-30

    日本古生物学会

被引用文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002703300
  • NII書誌ID(NCID)
    AA00867896
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    00310204
  • NDL 記事登録ID
    3701664
  • NDL 刊行物分類
    ME71(古生物)
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-283
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ