2ちゃんねるが盛り上がるダイナミズム(社会活動支援) The Dynamism of 2 channel (Support for Social Activities)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松村 真宏 MATSUMURA NAOHIRO
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科:(現)大阪大学大学院経済学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo:(Present address) Graduate School of Economics, Osaka University
    • 石塚 満 ISHIZUKA MITSURU
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and TEchnology, The University of Tokyo

抄録

「2ちゃんねる」は日本最大のオンラインコミュニティサイトである.ところが,そこに書き込まれる情報はときとして「便所の落書き」と揶揄されるように,一見すると意味のない言葉や記号にしか見えないものも多い.これは非常に奇妙な現象である.というのも,便所の落書きを見るために毎日数十万人もの人が訪れるとはとても考えられないからである.ではなぜ2ちゃんねるはあれほど盛り上がっているのだろうか.実は傍から見れば意味がないように思える言葉や記号のやりとりが2ちゃんねるのユーザには意味があり,これが2ちゃんねるが盛り上がる要因となっているのかもしれない.このような動機から本稿では,2ちゃんねるにおけるコミュニケーションの特徴に着目して,2ちゃんねるが盛り上がるダイナミズムを解き明かすことを目指す.特に,コミュニケーションの特徴として,メッセージのサイズや投稿数,返信率,投稿される早さなどの基本的な属性に加え,2ちゃんねるに特徴的な名無しと,2ちゃんねる語やアスキーアート(AA)などの定型的な表現技法に注目する.共分散構造分析により構築した「2ちゃんねるモデル」は,定型的表現傾向が議論発散傾向と議論深化傾向に及ぼす関係などを明らかにしている.

'2 channel' is the most popular online-community site in Japan, where millions of participants are chitchatting or discussing various topics. However, this fact sometimes confuses us because most of messages in 2 channel seem to be meaningless, often said as graffiti. To understand the mystery of 2 channel, we assume the existence of something at the back of 2 channel that governs the activity of participants. Looking at 2 channel from this point of view, there could be many factors that affect online communication. For example, terms that seem to be meaningless for us might have some meanings for participants in 2 channel, and communication with the terms might activate interaction. In this paper, we aim at analyzing the dynamism of 2 channel by applying Structural Equation Modeling (SEM) to eight observable characteristics of communication including basic properties (message size, posting activity, reply rate, etc), anonymity, and specific expressions (jargons and ASCII arts peculiar to 2 channel). The structural equation model of 2 channel clearly shows various causalities among the characteristics, i.e. the use of specific expressions affects positively to chitchat-type communication, and negatively to discussion-type communication.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 45(3), 1053-1061, 2004-03-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  19件中 1-19件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002712154
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    03875806
  • NDL 記事登録ID
    6885376
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-741
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ