30周年記念論文 佳作:代用電荷法に基づく双方向的な数値等角写像の方法 A Bidirectional Method for Numerical Conforrmal Mapping Based on the Charge Simulaton Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 天野 要 AMANO KANAME
    • 愛媛大学工学部応用数学教室 Department of Applied Mathematics, Faculty of Engineering,Ehime University

抄録

等角写像の数値計算法すなわち数値等角写像の方法は,数値解析の課題のひとつとして古くから研究され,近年,再び注目を集めている.それらは,与えられた問題領域から標準領域への写像を求める方法と,逆に,標準傾城から問題領域への写像を求める方法とに大別される.いずれの場合にも有効な方法はまだ知られていない.本論文では代用電荷法に基づいて双方向的な数値等角写像の方法を提案する.その原理は,Laplace方程式のDirichlet問題の解である調和関数とその共役調和関数を複索対数ポテンシャルの実部と虚部の1次結合で近似して,まず問題領域から標準領域への近似写像関数を構成し,得られた境界上の対応関係を用いて,標準領域から問題領域への近似写像関数を同じ方法で逆写像として再構成するというものである.この方法は問題領域と標準領域との間の双方向の等角写像をまったく同一のアルゴリズムで簡単かつ高精度に計算することができる.このとき,非線形の反復収束計算は不要である.また,正則関数の最大値の原理により,境界上の計算値を用いた簡潔な誤差の評価が可能である.ここでは,与えられたJordan領域と単位円内部との間の等角写像を扱う.しかし,提案される方法の原理は外部領域や2重連結領域の問題にも適用可能である.

収録刊行物

  • 情報処理

    情報処理 31(5), p623-632, 1990-05-15

    一般社団法人情報処理学会

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002717212
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116625
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    04478053
  • NDL 記事登録ID
    3660654
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-352
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ