円弧スリット領域への数値等角写像の方法 Numerical Conformal Mapping onto the Circular Slit Domains

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 天野 要 AMANO Kaname
    • 愛媛大学工学部情報工学科 Department of Computer Science, Faculty of Engineering, Ehime University

抄録

原点を中心とする同心円弧状の曲線スリットを伴う複素平面を円弧スリット領域と呼ぷ。本論文では、与えられた幾つかのJordan閉曲線の外側の無限遠点を含む非有界な多重連結領域から円弧スリット領域への数値等角写像の方法を提案する。また、典型的な領域に対する数値実験を行って、その有効性を検証する。問題の領域は単一のJordan閉曲線の外側であってもよい。このような等角写像は渦点と障害物を伴う2次元ポテンシャル流に関係し、応用上も重要である。具体的には、代用電荷法によって1対の共役な調和関数を複素対数ポテンシャルの1次結合で表現して、問題の等角写像の近似写像関数を構成する。1価連続な近似写像関数を得るためには、複素対数ポテンシャルの計算に注意が必要である。

A circular slit domain is the entire plane with slits along concentric circular arcs whose common center is the origin. In this paper, we present a simple numerical method for computing conformal maps from a domain exterior to closed Jordan curves onto a circular slit domain. The mapping is important in problems of two-dimensional vortex flow with obstracles. The numerical method is based on the charge simulation method, in which conjugate harmonic functions are approximated by a linear combination of complex logarithmic potentials. Some examples show the effectiveness of the method.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 36(2), 219-225, 1995-02-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002721776
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ