ネットワークにおける身振り動作を用いた気持ちの伝達 Conveyance of Feelings by Gesture in Asynchronous Network Communication

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

対面コミュニケーションでは非言語情報が気持ちの通じるコミュニケーションに果たす役割は大きいが、従来の非同期ネットワーク・コミュニケーションはテキストベースであり、非言語情報が使用できなかったため、気持ちの伝達は極めて不十分にしか行われていなかった。しかし、最近は非同期ネットワーク・コミュニケーションにもマルチメディアを使用できるようになってきているため、これを活かして非言語情報を伝えることが考えられるが、身振り動作はその伝達される情報の性質がよく知られていないために、その存在の大きさにも関わらず、表情などに比べ十分に利用されない恐れがある。本諭文では、身振り動作が非同期ネットワーク・コミュニケーションにおいて気特ちの伝達に果たす役割を明らかにするために、身振り動作により伝達される感情情報について、セルアニメーション動画像を用いた評価実験を行った。その結果、身振り動作により伝達できる感情情報は5種類であることがわかった。さらに、非同期ネットワーク・コミュニケーションヘの身振り動作の利用を考えて、セルアニメーション動画像による評価実験の結果を元に作成したCG動画像と、テキストから成る電予メール文書の評価実験を行った。その結果、身振り動作のCG動画像を文書に含めることの有効性が示された。

This paper aims at investigating how nonverbal information can be used in asynchronous network communication. It is well known that nonverbal information takes important part in face-to-face communication and it is useful especially to convey one's feelings. Though traditional asynchronous network communication has lacked nonverbal information and failed to convey feelings, recent multimadia network gives a chance to use nonverbal information in asynchronous network communication in its ability to send images, sounds, and so on. But gesture may not fully be used in spite of its importance, because feelings expressed by gestures are not well known unlike facial expressions. To clarify conveyability of feelings by gesture in asynchronous network communication, we have evaluated feelings expressed by gestures using animated cartoons. As a result, feelings expressed by gestures have been divided into five types. Furher, we have done another evaluation of an electronic mail document as an example of asynchronous network communication. The document includes a CG (Computer Graphic) animation and text. Including the animations of gesture in the documents has had an effect, and possibility of making use of gestures in asynchronous network communication has been suggested.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 36(8), 2037-2045, 1995-08-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  19件中 1-19件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002722035
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ