手書き漢字住所認識のためのエラー修正アルゴリズム An Error Correction Algorithm for Handwritten Kanji Address Recognition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本諭文では、ユーザが記入上の注意を意識せずに帳票上に記入したさまざまな住所に対し、手書き漢字認識の誤りを実時間で修狂するアルゴリズムを提案する、手書き漢字住所を認識するには次の課題を解決する必要がある。1)手書き漢字認識結果に正解文字が合まれなくても、認識結果からなる侯補文字ラティスから任意の位置の地名を単語辞書を用い実時聞で抽出する。2)ユーザのさまざまな記入方法に対応し効率的こ解を探索する。提案するエラー修圧アルゴリズムはこれらの課題を解決する。まず、「オートマトン型単語照合」により、侯補文字ラティスから侯補となる地名を実時間で摘出し課題1を解決する。そして、抽出した地名を基に、住所が持つ階層関係を利用した「ボトムアップ処理」により効率的ご正解住所を探索し課題2を解決する。手書き漢字住所5,032サンプルを用いた大量実験の結果、手書き漢字認識の誤りの96.6%を約1MIPSのマシンで65Gmsec以内に修正できる結果を得た。本諭文では、エラー修正アルゴリズムの課題を明確に示し、その原理および実現方法、そして、提案するアルゴリズムの精度および処理速度等について報告する。

A new error correction algorithm for handwritten Kanji address recognition is presented. Errors of a character recognition are automatically corrected with high performance with the help of a hierarchical geographical knowledge base. Also when users write Kanji addresses, they must obey certain rules. This algorithm allows users to write addresses without being conscious of the rules. This algorithm consists of a word matching function and an address approving function. For word matching, a fast automaton-type method extracts geographical names from any position in one continuous address in real time. The address approving function efficiently searches for the right address based on the bottom-up procedure. This procedure follows hierarchical relations from the lower placement to the upper one by using the positional condition between geographical names. The algorithm is run on 5,032 handwritten Japanese sample addresses. The result is 96.6 percent correction of the recognition errors in real time.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 35(6), 1101-1110, 1994-06-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

被引用文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002722744
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ