TUPLE:SIMD型超並列計算のための拡張Common Lisp TUPLE : An Extended Common Lisp for Massively Parallel SIMD Architectures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

SIMD(Single Instruction,Mu1tiple Data)型超並列計算機上で動作する拡張。Common Lisp言語および処理系であるTUPLEについて報告する。TUPLEはSIMD型超並列計算の機能をCommonLispに付加したものである。従来のSIMD型計算機用のLisp言語とは異なり、膨大な数のCommonLispサブセットの処理系が並列に動作するという計算モデルをTUPLEは採用している。この目的のために、ターゲット・マシンの各PF(Processi・Element)は、固有のヒープをその局所メモリに保有する。これらのサブセット処理系を、フルセットのCommonLisp処理系が制御し、ユーザは、フルセット処理系を使って並列プログラムの開発と実行を行う。本稿は、TUPLEの言語と処理系の概要を紹介するとともに、1024台以上のPEを有するSIMD型超並列計算機MasParMP?1におけるTUPLEの実現について触れ、その性能評価結果を報告する。

An extended Common Lisp language and system, called TUPLE, for massively parallel SIMD (Single Instruction, Multiple Data) architectures is presented. Unlike other Lisp languages on SIMD architectures, TUPLE supports the programming model that there are a huge number of subset Common Lisp systems running in parallel. For this purpose, each PE (Processing Element) of the target machine has its own heap in its local memory. In addition, there is a full-set Common Lisp system with which the user interacts to develop and execute parallel programs. This paper briefly introduces the TUPLE language and system, and then reports the current implementation and its performance measurements of TUPLE on the SIMD machine MasPar MP-1 with at least 1024 PEs.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌  

    情報処理学会論文誌 35(11), 2392-2402, 1994-11-15 

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  16件

被引用文献:  1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002722871
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IPSJ 
ページトップへ