並行処理プログラムにおける共有変数のデータフローテスト基準 The Testing Criterion on Dataflows with Common Variables for Concurrent Programs

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 古川 善吾 FURUKAWA Zengo
    • 九州大学工学部情報工学科 Department of Computer Science and Communication Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu University
    • 有村 耕治 ARIMURA Koji
    • 九州大学工学部情報工学科 Department of Computer Science and Communication Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu University
    • 牛島 和夫 USHIJIMA Kazuo
    • 九州大学工学部情報工学科 Department of Computer Science and Communication Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu University

抄録

並行処理プログラムのテスト基準として 共有変数のデータフローに基づくテスト基準(広域データフローテスト基準)を提案する.広域データフローテスト基準は 共有変数についてのデータフロー(代入と参照の対)がテストの実施において少なくとも1回実現されることを要求する.このテスト基準を満たすことによって 共有変数を用いたプロセスの間の通信における不良を発見する可能性が高い.しかしながら デッドロックやライプロックというプロセスの間の同期における不良を発見する可能性は低い.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 33(11), 1394-1401, 1992-11-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002723421
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ