プログラム言語CLUの実用的処理系とその使用経験 A Practical Processor of CLU and Experiences with Using It

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐渡 ?広 SADO KAZUHIRO
    • 東京工業大学理学部情報科学科 Department of Information Science, Tokyo Institute of Technology

抄録

抽象化機能を言語の基本的機能として持つプログラム言語CLUの処理系を 比較的小規模な(バッチ処理向き)計算機システムに 実用性を念頭において作成し 使用してみたので報告する.使用計算機は一応FACOM230-45SであるがHITACMシリーズヘの移植もほぼ完了している処理系作成にあたっては効率について特に注意した.本論文では 処理系作成上問題と通る動的対象物 例外処理 繰り返し子 パラメタつきモジュール 分割コンパイル等の猪機能を中心に 上記の条件のもとで採用した処理系作成技法について論ずる.処理系はおもにPascalで記述し 機械依存部分はマクロアセンブラによって作成した.本処理系はすでに実用品としてプログラム作成に用いられている.その利用経験をもとにCLU言語の長所 短所についても検討する.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 22(4), 295-303, 1981-07-15

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002723606
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ