代用電荷法に基づく等角写像の数値計算法 Numerical Conformal Mapping Based on the Charge Simulation Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 天野 要 AMANO K.
    • 愛媛大学工学部応用数学教室 Departemt of Applied Mathematics,Faculty of Engineering,Ehime University

抄録

等角写像は関数論の基本的な問題の一つであり 物理学・工学への応用も広い.Riemann の写像定理によれば 任意の単連結領域は単位円の内部に等角写像することができる.しかし 一般的には この写像を求めることは数値的にのみ可能である.本論文では 代用電荷法が Dirichlet 問題の解とその共役調和関数を対数ポテンシャルの1次結合で簡潔・高精度に近似できることに着目し 任意のJordan領域を対象とした等角写像の新しい数値計算法を提案する・典型的な3種の領域に対して数値実験を行った結果 数十の電荷を用いて 最大絶対誤差が10^-6?10^-3 という高い精度を得た.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 28(7), 697-704, 1987-07-15

    一般社団法人情報処理学会

被引用文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002724289
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ