線形論理を用いた逐次型プロセスの並列実行 Parallel Execution of Sequential Process Using Linear Logic

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では逐次的に実行される部分を含む並行プロセスを並列実行する方法について考察する. ここで対象とする並行プロセスは線形論理で記述されたものであり その操作的意味論はLK風のシークエント計算の推論規則によって記述される. 本稿ではこの体系に並列実行のための規則として プロセス定義の展開のための規則と値を将来実行される部分に伝搬して分岐を枝刈りするための規則を導入する. これらのプロセスの並列実行のための規則を用いた推論が 線形論理におけるシークエント計算での証明の枠組みの中で記述できることを示す. またこれらの規則を用いた並列実行に対して 同等な計算とみなせる逐次実行が存在することを示す.This paper presents a method for parallel execution of sequential processes that are represented using linear logic. The operational semantics of processes are provided as a set of inference rules of sequent calculus as LK. A rule for unfolding of process definitions and a rule for pruning of branches and forward propagation of values are introduced. Inference using these new rules for parallel execution of processes is represented as a proof of linear logic. This paper also shows that for every parallel execution there exists an equivalent sequential execution.

This paper presents a method for parallel execution of sequential processes that are represented using linear logic. The operational semantics of processes are provided as a set of inference rules of sequent calculus as LK. A rule for unfolding of process definitions and a rule for pruning of branches and forward propagation of values are introduced. Inference using these new rules for parallel execution of processes is represented as a proof of linear logic. This paper also shows that for every parallel execution there exists an equivalent sequential execution.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO) 40(SIG04(PRO3)), 11-20, 1999-05-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110002725031
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11464814
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    1882-7802
  • NDL 記事登録ID
    5692543
  • NDL 請求記号
    Z74-C192
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ