時相線形論理型言語のコンパイラ処理系のための抽象機械について  [in Japanese] An Abstract Machine for a Compiler System of a Temporal Linear Logic Programming Language  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

線形論理に基づく論理型言語については, 過去10年間にわたり数多くの言語が提案されている.これらの言語では, リソース(使用回数を制限されたプログラム節)を動的に追加, 消費(使用)することが可能である.しかしながら, 「リソースを消費する際の時間的順序を正確に記述する」というようなリソースの時間に依存した性質を表現することは困難であった.本稿では, 直観主義時相線形論理に基づく論理型言語TLLPの概要と, そのコンパイラ処理系のための抽象機械について述べる.TLLP言語はPrologと線形論理型言語LLPの自然な拡張になっており, 線形論理型言語のリソース概念に加え, どの時刻でリソースを使用するかといった時相性を記述できる.抽象機械は, TLLPのための効率的な計算モデルであるレベル付きIOTモデルに基づいて設計されており, WAMおよびLLPのための抽象機械LLPAMの拡張になっている.拡張は, 主として使用時刻を制限されたリソースの効率の良い管理, 特にリソースの追加, 消費のためである.現在, TLLPコンパイラ処理系のプロトタイプ版が稼動中であり, TLLPからLLPへのトランスレータ処理系と比較して, 1.6倍以上の高速化を実現している.

A number of logic programming languages based on linear logic have been proposed in the last ten years. Although these languages can add and consume resources (limited-use clauses) dynamically, they run into difficulties with time-dependent properties of resources, in particular, when we have to describe precisely the order of the moments when some resources are consumed. This paper describes an abstract machine for a logic programming language based on a fragment of intuitionistic temporal linear logic, called TLLP. TLLP is a superset of Prolog and LLP which is an another linear logic programming language. TLLP allows to specify the time-dependent properties of resources. TLLP Abstract Machine is based on a level-based resource management system and is an extension of WAM and LLPAM (LLP Abstract Machine). Our extension is mainly for efficient timed-resource management : especially for resource addition and consumption. Our prototype compiler produces 1.6 or more times faster code compared with a TLLP to LLP translator.

Journal

  • 情報処理学会論文誌. プログラミング

    情報処理学会論文誌. プログラミング 42(SIG_11(PRO_12)), 52-66, 2001-11-15

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  20

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002726066
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11464814
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    03875806
  • NDL Article ID
    5976187
  • NDL Call No.
    Z74-C192
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  IPSJ 
Page Top