日本で分離したカボチャモザイクウイルス (WMV 2) ゲノムの外被タンパク質 (CP) 遺伝子とその3'非翻訳領域の塩基配列の決定 Nucleotide Sequence of the Coat Protein Gene and 3'-noncoding Region of a Japanese Isolate of WMV 2

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本で分離したWMV 2のCP遺伝子とその3'非翻訳領域の塩基配列を決定した。CP遺伝子の領域は, 849塩基数でアミノ酸は283残基であった。このアミノ酸数は既報の豪州, 米国, トンガ分離株よりも2残基多いものであった。この2残基は, 翻訳後のCP切断部位の近傍にあり, 反復配列であった。同じ配列が, ダイズモザイクウイルスの米国分離株にみられ, この株との類縁性が示唆された。塩基配列を上記の分離株と比較したところ, CP遺伝子部分で約92〜93%, 3'非翻訳領域で92〜98%の相同性であった。

Journal

  • Annals of the Phytopathological Society of Japan

    Annals of the Phytopathological Society of Japan 62(4), 422-424, 1996-08-25

    The Phytopathological Society of Japan (PSJ)

References:  11

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110002734198
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0019269X
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    00319473
  • NDL Article ID
    4038453
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-347
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top